【画像】昔も今も若者は変わらない件wwww







大正時代の若者言葉いまとそんなに変わらんじゃないか pic.twitter.com/eADpTO93ZL

— ぴおつき (@moon_tsukishio) November 29, 2021




おすすめ記事ピックアップ!

どの時代にも若者はいる。 pic.twitter.com/XNLWAnIIMg

— 替身@DD・FGOブロガー☀ (@SilverChariots6) November 29, 2021




ドイツ語てのがステータスだったんでしょうね…うちの学校では、
校門前にあった2軒の食堂をホーデンと呼んでいたってのがありました。洒落てる。

— mzg (@tachi_aoi) November 29, 2021




昔のお嬢様学校のお嬢様も
先生のいない所ではごきげんようを
『ごき〜』と言っていたそうな…

— Minaru...? (@UTRpFHPDD0nTecj) November 29, 2021







有能だ が 〜しか勝たん、〜で優勝 と似たノリに感じた

— けいき (@Uptocito) November 29, 2021




一人飯を単騎遠征とかかっこよすぎて草

— Dr.たにおか (@noelsaran88) November 29, 2021




ドイツ語由来が多いですね。
旧制高校の学生さんたちの言葉でしょうか。
亡父もお姉さま方を「めっちぇん」と呼んでいたといってました。晩年になったころに懐かしそうに言っておりました。

— かげろう (@kagerou2011) November 29, 2021







ドイツ語由来ってのが、スノッブです。

— ものぐさ精神科医@子育て、断捨離、ダイエット (@Q400Takeoff) November 29, 2021




単騎遠征が すごいヲタ感出してるw

— シャイニー大輔 (@shinyDAISUKE) November 29, 2021




女の子同士が仲良くする事を「シスター」の頭文字を使って「エス」っていうのもあるらしいですね

— 納豆男 ship8 (@nattousin_kari) November 29, 2021







ゲルピン(ゲルト、ピンチ)=金欠病、だそうです。
バイト(アルバイト)も、この頃からのものですね。
駄弁る、は今は死語ですか? ダベリングなんて名詞形もありましたが。
ドッペるは、さすがに死語と思いますが、昭和の終りごろまでは生きながらえていました。

— revoltac (@revoltac2) November 29, 2021




当時旧制高校(エリート層です)の間でドイツ哲学がはやっていたので、その影響でドイツ語由来のものが多いのです。
ソース:宮脇俊三「時刻表昭和史」

— 水瀬雨音@まんがタイムきらら収集中 (@minaserain) November 29, 2021




ドイツ語に新鮮なものを感じているリプが多いことに、改めて第2外国語人気のバブル期以降の消長を感じるなぁ。

— chaoi (@PicardPythin) November 29, 2021




そもそも言葉っていうのは、ずっと同じ意味で使われているものや、時代によって意味が異なるもの、一時的に人気になって一気に廃っていった流行語などさまざま
その言葉の使い方が間違っていても流行ればそれが正しい使い方になるからね。「ぜんぜん大丈夫」がいい例
さて次はなにが流行るか

— たけし。@ฅ^._.^ฅ🐾໊好き🫐🖤/🐰❄/☁😼 (@take07take17) November 30, 2021







でも秀の火力がエグすぎる
封印指定だろこれ

— 日下部純 (@Kusakabe_Jun) November 29, 2021




ドイツ語由来が多いのが面白いですね。

— lunablanca (@lun_blanc) November 29, 2021







1001:ぶる速がお届けします 2021/7/21(水) 16:58:42.59 ID:burusoku

コメント

タイトルとURLをコピーしました