なぜ鳥は酸素の薄い地上8000メートルの高高度でも飛行可能なのか?

1.:すらいむ ★:2021/10/18(月) 11:08:24.60 ID:CAP_USER.net





6:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 11:21:48.18 ID:n9Bexuq6.net


酸素の薄い環境で他の鳥が死んじゃったから生き残ったんだろ



7:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 11:25:39.44 ID:WKaKwbMD.net


グライダー



10:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 11:43:05.54 ID:zZAtRiAL.net


そんな事考えたこともなかったや。たしかに不思議だ。










9:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 11:31:59.17 ID:Np80rzOf.net


鳥類爬虫類は息しながら息吐けるらしいな



69:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 02:14:19.75 ID:n8pud5iw.net


>>9
俺も息しながら息吐けるよ
むしろ息しないで息を吐く方法が知りたい




11:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 11:43:14.03 ID:5c6lpWLl.net


Air sacは呼吸効率はいいが呼吸器の小型化と軽量化という点では失敗している
つまり鳥は空を飛ぶ事だけにステータスを全フリしている




70:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 03:01:33.46 ID:owcZJrCv.net


>>11
身体を流線形にするためにすき間を埋めてるから一石二鳥なんだよ
鳥だけに



81:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 11:56:42.86 ID:BceHwp2N.net


>>11
哺乳類の肺だって大きくしたらそれだけ呼吸能力は上がるし、そもそも肺は血液たっぷり流れてて重いから、
体積当たりや重さあたりの性能を比べないと意味がない

その上で、どっちも気嚢のほうが高性能ってこったよ




へんな古代生物 special edition


北園大園


彩図社


2013-05-24





12:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 11:45:29.93 ID:WhMndIX8.net


ターボチャージャーでも付いてるのか



13:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 11:50:42.24 ID:67HPQxXv.net


特に渡り鳥は長距離の”渡り”の最中には超省エネで飛ぶから



16:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:07:03.21 ID:5M1l5tLH.net


ロールスロイスマーリンの二段二速過給器のように、高圧縮したあとで肺に空気を導いているのだろうか



19:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:14:44.50 ID:Nv30jcv3.net


たまに鳥の肺について記事をみる
何度か肺の構造を理解しようとしたが
どうしても判らん



80:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 10:01:44.54 ID:iHxqW95/.net


>>19
鳥類以前の脊椎動物の肺は一つ穴がある袋でしかない。
鳥類とその祖先である恐竜は、肺と同等の機能を有する気嚢がある。気嚢は中身は肺と同じようなものだけど、吸気穴(空気の入り口)と排気穴(空気の出口)があり、奥まで効率的に酸素を取り込むことができる。また、肺呼吸のように横隔膜を常に動かさなくても空気が和がれるだけで酸素を取り込むことができることもいいところ。
反面、呼吸器官が複雑になり大きくなることゃ、呼吸をコントロールできないのが欠点。探検もののフィクションで、毒ガスの検知に小鳥が使われるのも、呼吸を取れることができないため。




22:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:31:58.05 ID:YdNnX1KQ.net


アネハヅルもヒマラヤを越えていくね




23:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:37:44.29 ID:7XlMrteW.net


なら、魚はなんで水中で生きられるんだよ。その方が100倍不思議だろ。



40:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 15:05:10.84 ID:D3+pfgS+.net


>>23
エラ呼吸
酸素の少ない熱帯ではベタのように
空気を直接吸う
コップでも飼える



25:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:41:43.57 ID:FpVa62li.net


ヒマラヤ上空は寒いだろうに、呼吸もだが
どうやって体温を維持しているんだ



26:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:44:50.43 ID:nTKUwBLq.net


沢山吸って肺の圧力を大気より上げられるとか?



29:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:47:49.40 ID:sUwu55rn.net


呼吸もだけど、揚力が得られるの?




31:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 13:00:42.10 ID:pusE9GZM.net


>>29
確かわざと夜間とか早朝という気温の低い時間帯に超えるらしい
体膨張率の話になろうがその方が大気の密度上がるので揚力増し且つ酸素濃度も増えるというメリット生じると




30:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 12:57:23.19 ID:Ym+cjIno.net


酸素35%→15% 生物の95%死滅 恐竜だけが優れた肺を獲得
酸素15%→30% 恐竜が巨大化
酸素30%→20% 現代 恐竜が鳥類として生き残る



35:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 14:32:56.27 ID:6leqezvI.net


我慢強いだけです。



43:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 15:16:53.72 ID:wn0ynDAN.net


ソデグロヅルもヒマラヤを越える



49:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 17:59:56.99 ID:eyAOEFFQ.net


渡り鳥は、滑空してる間はエネルギーや酸素の消費を抑えて
羽ばたく時のみ、酸素とエネルギーを消費する

だったっけか
つまり高高度飛んでる時は、息を止めて我慢してる




50:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 18:02:58.12 ID:M2i/EOxd.net


空気を吸って吐くのではなく、吸いながら吐けるだったかと。
昔、そんなスレがあった。



56:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 19:36:24.16 ID:P0ORTBuF.net


空気が薄いと浮力が  って話だと思ったら違った



58:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 19:46:06.90 ID:Zc2IJ+PS.net


コンプレッサー機能でも付いてるのかな?



60:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 20:17:10.39 ID:nk/+rAXw.net


人間の肺も左右を弁付きのパイプでバイパスして気管支にも弁を付ければ…




61:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 20:25:36.50 ID:nk/+rAXw.net


さらに横隔膜を左右交互に上下させるシーソーみたいな動きができるようにしないといかんな




64:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 22:45:01.02 ID:xzvrAPGn.net


>>61
そして寝てる時に片肺づつ洗浄
ウイルスだろうが排気ガスだろうが洗って排出



62:名無しのひみつ:2021/10/18(月) 22:19:51.71 ID:cEIfvkAb.net


人間みたいに、吸って吐いてでなく
肺を空気が通過し続けるんだっけか?



74:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 03:31:47.55 ID:IHfqmfqR.net


吐きながら吸うんだろ。

と思ったら本当にそうだった。



75:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 03:45:25.84 ID:Jrb4wlJi.net


近所の野鳥を観察して10年だけど
台風で落っこちたのもみた事がない
アイツら密かに凄い能力を持ってる




76:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 04:02:44.42 ID:REGUR8gh.net


恐竜時代は酸素が薄かったんだろ
その名残だな、たぶん
哺乳類はその点弱い




77:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 07:09:05.17 ID:KViWaxAE.net


鳥の骨は中空だから、そこに酸素をため込んでいるのでは。



78:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 08:57:23.57 ID:R5qSIFm6.net


気絶しながら飛んでる



79:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 09:50:28.69 ID:EQhh95N1.net


逆に、酸素分圧が高い環境では、鳥は、どうなるのだろうか?



83:名無しのひみつ:2021/10/19(火) 13:41:22.84 ID:Xk+TY38E.net


気嚢は肺の上位互換だからな
哺乳類が気嚢を獲得してたらもっと繁栄してる




【解説/鳥】なぜ鳥は酸素の薄い地上8000メートルの高高度でも飛行可能なのか? [すらいむ★]
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1634522904




コメント

タイトルとURLをコピーしました